夜行バスでリラックスする方法は?

出張の経費を節約するために夜行バスを往復で利用したときのことです。
誰が悪いと言うわけではありませんが、乗客に風邪を引いている人が数人いて咳の音が四六時中社内に響いていたのです。
咳の音を聞かされる方もたまったものではありませんが、咳をしている方も結構辛い思いをされていたのではないかと思います。
せめてのど飴時の一つも持参すればよかったと後悔したものです。
バスの中は得てして非常に乾燥しているものです。
風邪を引いていなくてものど飴やマスクを持参した方が良いかもしれません。
マスクは喉を感想から守ってくれますし、ひいてはイビキをかいて他の人に迷惑をかけることもなくなるでしょう。
また夜行バスでは、ちょっとした便利グッズが社内での快適さを左右します。
首マクラや毛布、そしてスリッパを持参すると社内でゆっくりと休む事ができます。
夜はどうしても足がむくむため、靴を脱いでスリッパを履いているとリラックスしやすいのです。